Teoría y práctica de la traducción en la prensa periódica española, 1900-1965 (書籍, 2008) [WorldCat.org]
コンテンツへ移動
Teoría y práctica de la traducción en la prensa periódica española, 1900-1965 資料のプレビュー
閉じる資料のプレビュー
確認中…

Teoría y práctica de la traducción en la prensa periódica española, 1900-1965

著者: Antonio Raúl de Toro; Pablo Cancelo López
出版社: Soria : Diputación Provincial de Soria, 2008.
シリーズ: Uertere., Monográficos de la revista Hermeneus ;, 10.
エディション/フォーマット:   紙書籍 : Spanishすべてのエディションとフォーマットを見る
評価:

(まだ評価がありません) 0 件のレビュー - 是非あなたから!

件名:
関連情報:

オフラインで入手

&AllPage.SpinnerRetrieving; この資料の所蔵館を検索中…

詳細

ジャンル/形式: Criticism, interpretation, etc
History
ドキュメントの種類 書籍
すべての著者/寄与者: Antonio Raúl de Toro; Pablo Cancelo López
ISBN: 9788496695245 8496695247
OCLC No.: 316976750
物理形態: 164 pages ; 24 cm.
シリーズタイトル: Uertere., Monográficos de la revista Hermeneus ;, 10.
責任者: Antonio Raúl de Toro Santos, Pablo Cancelo López.

レビュー

ユーザーレビュー
GoodReadsのレビューを取得中…
DOGObooksのレビューを取得中…

タグ

すべてのユーザーのタグ (4)

人気のタグを表示: タグリスト | タグクラウド

リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.