Destiny and deliberation : essays in philosophical theology (書籍, 2011) [WorldCat.org]
コンテンツへ移動
Destiny and deliberation : essays in philosophical theology 資料のプレビュー
閉じる資料のプレビュー
確認中…

Destiny and deliberation : essays in philosophical theology

著者: Jonathan L Kvanvig
出版社: Oxford ; New York : Oxford University Press, [2011] ©2011
エディション/フォーマット:   紙書籍 : Englishすべてのエディションとフォーマットを見る
概要:
"Organized thematically by the endpoints of time, the volume begins by addressing eschatological matters--the doctrines of heaven and hell--and ends with an account of divine deliberation and creation. Kvanvig develops a theistic outlook which reconciles a traditional, high conception of deity, with full providential control over all aspects of creation, with a conception of human beings as free and morally  続きを読む
評価:

(まだ評価がありません) 0 件のレビュー - 是非あなたから!

件名:
関連情報:

オフラインで入手

&AllPage.SpinnerRetrieving; この資料の所蔵館を検索中…

詳細

資料の種類: インターネット資料
ドキュメントの種類 書籍, インターネット資料
すべての著者/寄与者: Jonathan L Kvanvig
ISBN: 9780199696574 0199696578 9780199686803 0199686807
OCLC No.: 763129134
物理形態: xx, 191 pages ; 24 cm
コンテンツ: Hell and the afterlife. Autonomy, finality, and the choice model of Hell --
Losing your soul --
Universalism and the problem of Hell --
Divine deliberation and action. Open theism and the future --
A tale of two cronies --
A dead-end for Molinism --
Creation, deliberation and Molinism --
A epistemic theory of creation.
責任者: Jonathan L. Kvanvig.
その他の情報

概要:

Jonathan Kvanvig presents and defends a new theistic outlook-'Philosophical Arminianism'-which reconciles a traditional, high conception of deity with a conception of human beings as free and morally  続きを読む

レビュー

編集者のレビュー

出版社によるあらすじ

rich and ingeniously argued * Bruce Langtry, Notre Dame Philosophical Reviews *

 
ユーザーレビュー
GoodReadsのレビューを取得中…
DOGObooksのレビューを取得中…

タグ

すべてのユーザーのタグ (4)

人気のタグを表示: タグリスト | タグクラウド

リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.