Absence in cinema : the art of showing nothing (書籍, 2020) [WorldCat.org]
コンテンツへ移動
Absence in cinema : the art of showing nothing
確認中…

Absence in cinema : the art of showing nothing

著者: Justin Remes
出版社: New York : Columbia U.P., 2020
シリーズ: Film and culture
エディション/フォーマット:   紙書籍 : Englishすべてのエディションとフォーマットを見る
概要:

Justin Remes demonstrates how omissions of expected elements can spur viewers to interpret and understand the nature of film in new ways. Through a careful analysis of a broad array of avant-garde  続きを読む

評価:

(まだ評価がありません) 0 件のレビュー - 是非あなたから!

オフラインで入手

&AllPage.SpinnerRetrieving; この資料の所蔵館を検索中…

詳細

ドキュメントの種類 書籍
すべての著者/寄与者: Justin Remes
ISBN: 9780231189316 0231189311
OCLC No.: 1249958305
受入番号: (DK-850290)000071462
メモ: index ; filmogr.
物理形態: x, 242 s. : ill.
コンテンツ: AcknowledgmentsIntroduction: Voids1. Walter Ruttman and the Blind Film2. Stan Brakhage and the Birth of Silence3. Naomi Uman and the Peekaboo Principle4. Martin Arnold's Disappearing ActConclusion: Nothing Is ImportantFilmographyNotesIndex
シリーズタイトル: Film and culture
責任者: Justin Remes

レビュー

編集者のレビュー

出版社によるあらすじ

An enchanting, endearing feature of this detailed and serious study of four films by Walter Ruttmann, Stan Brakhage, Naomi Uman and Martin Arnold is that it advances through a series of anecdotes, 続きを読む

 
ユーザーレビュー
GoodReadsのレビューを取得中…
DOGObooksのレビューを取得中…

タグ

まずはあなたから!
リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.